知りたい!太陽光発電投資の方法

太陽光発電投資ってどうやるの?

最近よく聞く「太陽光発電」。この電気がお金になるというのは本当でしょうか?太陽光発電の投資ファンドは、自宅に設置した装置で発電したものを買い取ってもらうのではなく、ファンド会社等が合同会社を設立して太陽光発電所を作り、投資したい出資者を募集して行われます。再生可能エネルギーの買取期間は20年ですが、契約期間はこの限りではない場合もあるので注意しましょう。ファンド会社だけでなく、自治体や市民団体などでも行われています。
投資ファンドなら自宅に発電装置を設置する必要はありませんし、自宅で発電したものは全量買取制度の対象外になるのです。個人設置の場合は余った電気を売るだけで、全てを買い取ってもらうことは出来ません。


太陽光発電投資ファンドのメリットとリスク

第一のメリットは、太陽光発電を利用することにより、再生可能エネルギーの普及をはかることが出来る点です。投資としても、高い利回りが期待出来、また、「再生可能エネルギー全量買取」制度の期間が20年あるため、長く安定した投資が可能と言えるでしょう。装置のメンテナンスなども会社に任せておけばよいので安心です。
リスクは太陽光発電所が地震等の保険の適用外ということ。何より、太陽光発電は文字通り太陽の光を利用するため、日射量によって発電量も左右されます。日射量が少ないと発電量が減り、売電収益も低下するということです。
自然を利用したものであるため、そういったリスクはありますが、運用期間が20年と長く、安心して投資出来るのが魅力と言えるでしょう。