注意して!太陽光発電投資詐欺

太陽光発電投資は割の良い話なので注意

太陽光発電投資は、住宅であれば10年間、業務用であれば20年間一定の収益があるので非常に人気です。初期投資は必要になりますが、後は太陽光によって発電されるのを待つだけで貯金が潤うのです。なので、多くの人が太陽光発電投資に手を出しています。
そんな状況だからこそ、悪知恵を働かせる人間が出現します。見知らぬ業者が営業なり広告を出して太陽光発電投資の話を持ち出し、契約を急かします。契約を済ませていよいよ工事が始まるかと思いきや、そこから業者と全く連絡が取れなくなるケースが多いです。もしくは、一応パネルらしき物を設置するものの、発電能力が皆無でただの飾りだったというケースもあります。あの手この手で悪知恵を働かせるので注意が必要です。


被害に遭わない為にはどうすれば良いか

被害に遭わない為には、すぐに決断して契約しないことです。目の前に割の良い話があれば飛びつきたくなる気持ちも分かりますが、その気持ちを抑えて一呼吸置きます。
まずは、そもそも太陽光発電投資を開始する必要があるか否かです。今勤めている会社の給与で十分生活できるのであれば、無理に新たな投資をする必要がありません。太陽光発電自体は効率よく利益を上げることが可能ですが、そこには地震や台風による破損のリスクが潜んでいることを忘れてはありません。
次に、業者を見極めることです。一呼吸置いて業者を検索した時に、全く会社名がヒットしなければとても怪しいです。検索すること自体は容易いので、契約を急かされてもまずは検索です。